日本の婚姻率

Pocket

日本地図015年の国勢調査によると50歳までに一度も結婚したことがない人の割合”生涯未婚率”は男性で23,37%、女性で14,06%と、5年前の国勢調査から急上昇して過去最高となりました。男性のおよそ4人に1人、女性だとおよそ7人に1人の割合で生涯未婚となり、結婚離れが深刻な社会問題の一つになっています。

ある研究所が実施した調査によると、全く結婚を考えていない人をのぞいた、18歳から34歳の割合は男性87,3%、女性89,4%と高い水準となっています。つまり多くの人が結婚を前向きに考えているのです。それにもかかわらず、未婚率が高い背景には、日本の政策の失敗により大量に生まれた非正規雇用者や低所得化、ワーキングプアの問題や、東京への一極集中のために地方での出会いは減少することが考えられます

厚生労働省の2016年の発表によると、婚姻率は0,50%で人口1000人あたり5人が結婚した計算になります。近年、高齢化や晩婚化、世の中の価値観の移り変わりなどと共に婚姻率は減少傾向にあります。婚姻率の減少と対応するように、初婚年齢は上昇傾向にあり、2015年の時点で平均男性が31,1歳、女性で29,4歳で初婚となっています。晩婚化は日本の大問題となっている少子化、人口減少の一因となり、社会構造の歪みなど多種多様な問題を連鎖する要因となっています。

老後と婚活パーティー

Pocket

厚生労働省は2017年7月に2016年の日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳といずれも過去最高を更新したと発表しました。100年前の日本の平均寿命は44歳だったことを考えると驚きの数字と言えます。今後も医療技術の進歩や健康志向の高まりにより平均寿命は延び続ける可能性があります

2017年に入り、政府が議長を内閣総理大臣、構成員に各分野の有識者を招いた”人生100年時代構想推進室”を設立しました。政府の経済政策の失敗、国際競争による中国への完敗などの反省からとの見方もありますが、これは企業の人材採用の多様性を含み、高齢者から若者まで全ての国民に活躍の場があり安心して暮らすことのできる社会を作る事に繋がります。今後、AIやロボットなどの技術革新が急速に進み、新しい産業が生まれ、それに伴う雇用が生まれると予想されます。全ての世代で新しく学び直す必要性が出て、転職が当たり前になるかも知れません。この様な世の中の流れは政府の発表のほか、テレビ、様々な報道や書籍にて知りうることが出来ます。

会話最近では、元気で活動的な高齢者が増え、退職後にスポーツを始めたり、資格の取得や再就職したりする方が増えています。又、現役時代未婚だった方や離婚された方が退職を機に婚活をはじめ、婚活パーティーに参加するなど、第二の青春を楽しまれる方もいるようです

少子高齢化が急速に進む日本では労働力不足が深刻になり対応策として政府は”生涯現役社会”の実現を掲げシニア世代の多様な就労機会の提供に取り組んでいます。